【ゲーム情報】  レギュラーシーズン ホームゲーム第6戦

東京サンレーヴスでは、2月10日(金)・11日(土)に2016-17シーズン レギュラーシーズン 

ホームゲーム第6戦となる試合を稲城市総合体育館にて開催致します。

 

 稲城市総合体育館は例年東京サンレーヴスがホームゲームとして試合を行ってきた体育館であり、今シーズンのファーストシーズンでも開催し、今回のレギュラーシーズンでも2試合目の試合となります。

 

 前座試合としてゲストの試合も予定しており、ハーフタイム、オープニングなどには地域のダンスチームが出演し、会場を盛り上げる予定です。

会場では連日バレンタイン企画も開催!! 

●ゲスト●

エキシビション

2/10:ビーンズ VS G・レジェンド

2/11:クラーク記念国際高等学校 千葉校 VS クラーク記念国際高等学校 埼玉校

オープニング

2/10:H-kids稲城 幼児チーム・小学生チーム

2/11:VIVERメドレー

ハーフタイム

2/10:H-kids百合ヶ丘 幼児チーム・小学生チーム

2/11:CRガールズJr Special ・ SDNSoleil

 

 

 

今季の東京サンレーヴスは特定の選手には頼らず、チーム全体でプレイタイムをシェアして戦っています。現在は勝率45%の5位です。上位と下位の丁度狭間にあり、一つ一つが負けられない試合です。

今シーズン欧州フィンランドから来たヘッドコーチ、ラース・エクストラムの指揮の下プレーするメンバーはどのメンバーが爆発してもおかしくなく、前回のホームゲームから合流の優勝経験のある#7グリーン、前回のアウェイゲームから合流したビックマンの#12ヒースにも注目です。

さらには部門(3ポイント成功率)でランクインしている#30高橋のアウトサイドシュート、前回のゲームで活躍した#6佐野の活躍が今回も期待されます。

 

対する埼玉ブロンコスは現在17敗の第7位。序盤は故障などにも苦しみましたが、古豪チームらしい戦い方で着実に上昇に向かいっています。

今年はチームの軸の得点ランキング4位、リバウンドランキング10位、ブロックショットランキング6位、スティールランキング4位の4部門にランクインする#13ジェニングスを中心に高確率の3ポイントを持つ3ポイントランキング1位の#0上田、途中加入のビックマン#35テイトを中心として総合的な力を持っています。

インサイドの中心の#35テイトと好調の#13ジェニングスを抑える事がキーポイントとなります。

東京のチーム一丸の攻撃的なデイフェンスも見どころの一つです。

 

【日程】 2017年2月10日(金)・11日(土)  

【対戦カード】 東京サンレーヴス vs 埼玉ブロンコス

【会場】 稲城市総合体育館 稲城市長峰1丁目1番地 

【アクセス】

稲城駅からバス長峰・若葉台行き「総合体育館」下車

若葉台駅からバス稲城駅行き「総合体育館」下車

市内循環バス(iバス)「総合体育館」下車  

【主催】 東京プロバスケットボールクラブ株式会社

【スケジュール】

●2月10日(金)

16:50 シーズンチケットホルダー入場

16:55 ファンクラブ ブースター先行入場

17:00 一般入場

18:20 オープニング

18:25 選手入場

19:00 TIP OFF

 

● 2月11日(土)

11:50 シーズンチケットホルダー入場

11:55 ファンクラブ ブースター先行入場

12:00 一般入場

13:20 オープニング

13:25 選手入場

14:00 TIP OFF